頭の中を垂れ流していくブログ(はましょう時々ナック)

サバクコノハズク(フクロウ)と生活しながら、興味のある事、モノの事やらいろいろ書いていきます

機械式時計が欲しくて…

ご無沙汰しております。
ガジェット大好き、はましょうです。
(初耳ですか?)
 

腕時計が欲しい!

突然ですが、今回腕時計が欲しくて探すことにしました。
 
これまでも時計は持っていましたよ、社会人ですから。
今までの選ぶポイントとしては、機能が充実している事。
電波時計、ソーラー充電、バックライト点灯したり複数の時刻同期電波を拾えたり。
(つまり海外でも使えるやつ)
今まで買った時計を振り返ると…
 
CASIO オシアナス
  • 電波ソーラー
  • 一応フォーマルな場にも使える

 
CASIO G-SHOCK
  • 電波ソーラー
  • 腕を傾けると自動で背面ライトが付くオートバックライト付き
  • アナログで、時間が見やすい
  • どこかにぶつけても壊れにくい(仕事柄、床下に潜る事もあった)

 

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック 電波ソーラー GW-5000-1JF メンズ

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック 電波ソーラー GW-5000-1JF メンズ

 

 

 
ただ、今回は時計の基本?に立ち戻り、手巻きが欲しいと時計を探してみました。
 
きっかけは、最近自分の中で流行りの宇宙兄弟(遅い?)を読んでいたら、主人公が、想いを寄せる女性が宇宙へ旅立つ直前に壊れた時計の代わりにあげる、と言うシーン。

その話が乗っているのはこちら

宇宙兄弟(23) (モーニングコミックス)

宇宙兄弟(23) (モーニングコミックス)

 
 
これを読んで、「手巻き」という手間をかける事もいいかな、と思うようになりました。
(ちなみに漫画に登場する手巻き時計は、「ブロードアロー」という、イギリスの官製を示すマークが付いています)

 

余談ですが、宇宙へ物を持って行くには、事前に申請した物しか宇宙船へ持ち込めないとの事。
申請しても審査に通らないとダメだそうです。
  
って事で探し始めた時計ですが、最近は純粋な「手巻きのみ」の時計は売ってないですねぇ
 
※手巻き時計とは:
 動力を発生させるためゼンマイを巻くために、竜頭(リュウズ:時計の針を動かすための突起部分)を手でクルクルするもの
 
ネットで手巻き時計を探してみると、出てくるのはオークション品ばかり。
オークションで中古を手に入れて直す!?
とも思いましたが、そんなスキルも道具も僕にはない…
まぁ、好きでYoutubeの機械式時計のメンテの動画とか見ちゃいますけど。
 
 
 
という訳で、今回は市販されているものの中から、手巻きに対応したものを検索。
ただし、今時の手巻き時計は基本は自動巻機能が一緒についています。
 
※自動巻時計とは:腕につけているだけで、重りがゼンマイを巻いてくれるもの
 
 

 いろいろネットで探してみた結果

と言う事で、今回買ったのはこちら。
 
「SEIKO 5 sports」
f:id:Hamasho:20180112153057j:plain
 

 

 

 (同じ時計のリンクがなかったので、同種のものを) 

 
今回選んだ基準は
  • ミリタリーウォッチっぽいもの
  • 機械式
  • 手巻き機構が付いている
  • 価格が高くない
ちなみにこの「5 SPORTS」シリーズですが、実は海外向けの製品です。
ネットで探すと「並行輸入品」として出てきます。
 
 

色は普段と変えてみた

持ち物は黒が結構好きな僕ですが、今回はグリーンにしました。
理由としては、以前買った「土屋鞄」さんの革鞄(プローターブリーフ、チョコ)を買ったから、ナチュラル系の色にしようと思いまして。
 
 
これに合わせよう考ました。
 
まぁ、今まで普段身に付けるものが真っ黒なのもそろそろ変えようかな、という今更ながら色気付いた考えもありましたが笑
(ファッションには無頓着な方です)
 
 

値段が衝撃的!

さて、お値段ですがなんと
 
¥17,680!!(購入当時)
 
SEIKOの機械式時計が2万円切ってる!!
並行輸入品ってのもあるでしょうが、
  

使ってみての感想

ゼンマイがフルで巻かれた状態で、約2日半ほど動きます。
ほぼ毎日使うので、この点はOKですね。
仕事で現場に出る時は、ぶつけてもいいG-SHOCKを使ってますが、ちょっとでも使えば自動的にゼンマイが巻かれるのは自動巻きのいいところ。
 
僕は汗っかきなので、ナイロンベルトを使っているのですが、汗かいたら洗えるし悪くないと思います。
見た目は安っぽくなってしまいますけどね…
 
あと、ちょっと厚みはあります。
機械式、しかも自動巻きなので、ゼンマイを自動で巻き上げるための振り子等の分暑くなるのは仕方ないです。

f:id:Hamasho:20180112153100j:plain

背面
まぁ、ぼくは手が大きい方なのでそこまで気にはなりません。
 

f:id:Hamasho:20180112153105j:plain

装着したところ。(腕毛は気にするな)
 
まぁ、欲しいと思っていた手巻き時計(自動巻きも付いてるけど)が1万円代(当時)で購入できたことの満足感の方が大きいですね。
 
 
って事で、今回は最近買った時計を紹介してみました。
これからも持ち物紹介とかして行きたいと思います。
 
(それよりも更新頻度を上げましょうw)